健康情報それホント?

様々な健康情報の真実を分かりやすく紹介しています。

骨粗鬆症の予防にはカルシウム・ビタミンD・大豆製品の3点の摂取が有効です。

年配の女性に多く見られる骨粗鬆症。それは女性が閉経する前後の時期に、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少し、ホルモンバランスが崩れることによって、骨からのカルシウム流出を防ぐ力が弱まってしまうからです。

 

この骨粗鬆症を防ぐには、以下の3点が大事になります。

1.骨の主原料であるカルシウムをしっかり摂取すること

カルシウムの摂取に関しては特に詳しく説明する必要もないかと思いますが(^^;、牛乳を筆頭とした乳製品や小魚など、カルシウムを多く含んだ製品を積極的に摂ることを心がけてください。

2.摂取したカルシウムの吸収を促すビタミンDを併せて摂取すること

ビタミンD青背魚やキノコ類に多く含まれています。動物性の青背魚の方が吸収に優れており、キノコ類は生より干し椎茸など、日光に当てたものの方が含有量が多くなります。

キノコのように日光に当てた方がビタミンDが増えるのは人体でも同じで、食事で摂らなくても適度な日光浴を行うことで体内でビタミンDは生成されます

最近は紫外線を意識して過度に日光を避ける風潮が強いですが(^^;、カルシウムを摂った食後に15分程度、陽ざしの強くない道をかるく散歩したりすることは骨を丈夫にする重要な習慣といえます。

骨を丈夫にするには日光浴も大事です。

日光を避けすぎると骨はスカスカになってしまいます。

3.エストロゲンの減少を抑えること

最後にエストロゲンの減少を抑えること。残念ながら閉経を防ぐ手立てはありませんので、エストロゲン自体が減少してしまうことは残念ながら防ぐことは出来ません。しかし、豆腐や納豆などの大豆製品に多く含まれているイソフラボンという成分にはエストロゲンに似た働きをすることが認められており、エストロゲン同様に骨からのカルシウム流出を防いでくれます。閉経が意識されるようになって以降は大豆製品は積極的に食事に取り入れてください。

 

以上の3点が骨粗鬆症を防ぐ大きな柱となります。この3点をしっかり守ったうえで、以下の2点も意識出来れば、さらに骨粗鬆症を未然に防ぐことが出来ます。

1.散歩など適度な運動を行いましょう

骨は適度な負荷をかけることによって丈夫になります。長距離のジョギングなどは骨への負担が大きすぎて逆に骨を痛める原因ともなりますが、短距離のジョギングや、散歩程度のウォーキングなど、軽めの運動は骨を丈夫にしてくれますので、積極的に日常生活に取り入れていきましょう。

2.加工食品に多く含まれるリンの過剰摂取に注意

リンはカルシウムと結合して骨の成分となる、骨づくりにとって大事な成分なのですが、このリンは過剰に摂取してしまうと逆にカルシウムの融解を促す、つまり骨を脆くしてしまうという厄介な性質があります。

リンはスナック菓子やウインナーなど、加工食品に多く含まれていますので、加工食品を多く摂る人は控えるよう心掛けてください。

 

最初に書いたように、女性にとって骨粗鬆症は必ずといっていいほど向き合っていかなければいけない問題と言えます。しかし、先手先手で手を打つことによって症状を和らげることは充分に可能です。

高齢になるとどうしても転倒しやすくなりますし、骨折もしやすくなります。骨折することが原因で生活レベルが一気に低下してしまう事例を、フィットネスクラブで働いている時に悲しい事ですが多く見聞してきました。

転倒しないようには日頃から運動をしておくことが大事ですし、万が一転倒してしまった場合でも、簡単に骨折したりしないように骨を丈夫に保つことも大事です。

老後を長く楽しく元気に過ごすためにも、若いうちから骨を守る意識をしっかり持っていただければ、と思います。(^^)