健康情報それホント?

様々な健康情報の真実を分かりやすく紹介しています。

ダイエット中の食事は糖質と脂質のカットから始めましょう。

肥満は摂取カロリーが消費カロリーより多くなり、消費しきれなかったカロリーが脂肪などとなって体内に蓄えられることにより起こります。
ですから、摂取カロリーを消費カロリーより控えていれば肥満にはなりません。高カロリーの食品を避け、低カロリーで栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

ダイエットの基本は糖質と脂質のカット

ダイエットの基本は糖質と脂質のカットから

摂取カロリーを抑えるためには、まずはカロリーが高く、摂取過多となりがちな糖質と脂質をカットすることから始めましょう。

糖質をカットするにはごはんやパン、麺類など、主食の量を減らすことが有効です。芋類や豆類、果物などにも糖質は含まれますが、ビタミンやミネラルといった有用な栄養素も含まれているので、減らすべきはやはり主食となる穀類です。(穀類も雑穀米など精製度の低いものなどには栄養素が多いのですが(^^;)

もちろん、砂糖などを使った甘いものの摂取も極力控えましょう。

 

次に、脂質をカットするには揚げ物や肉類の摂取量を減らすのが最も手軽な方法です。脂質は1gで9kcalと、炭水化物やたんぱく質の倍以上のカロリーがあるため、脂質カットはカロリーカットにも特に有効です。

どうしても揚げ物が食べたい場合は、カロリーの低いものを選ぶか衣を残すようにしましょう。『素揚げ』がもっともカロリーが低く、ついで『てんぷら』『フライ』と、衣が厚くなるにつれカロリーも高くなります。

肉類を摂る場合は脂身の少ない赤身の部分を選ぶ、脂身や皮を取り除くといった工夫をしましょう。牛や豚ではフィレやレバーといった部位、鶏ならば胸肉やささみといった部位がおすすめです。

 

ところで、200kcalのサラダチキンと100kcalのクッキーがあれば、ダイエット時に食べて良いのはどちらだと思いますか?

 

カロリーだけで言えばクッキーの方が低いのですが、そのカロリーを構成している栄養素で考えれば、サラダチキンはたんぱく質。クッキーは糖質と脂質。

控えるべきはサラダチキンではなくクッキーなのです。

 

ダイエットだけでなく、体づくりを考えるならば、外見(カロリー)だけを意識せず、中身(栄養素)を意識して食事を摂ることが大事なのです。